Car Mame:中心線について知っておくべきことすべて

道路にいるときはいつでも、注意を払うべきさまざまな線や標識があります。 これらの1つは、道路の中央部分を表す特定の中心線です。 道路の左側と右側を分離する中心線は、通りの車の交通を分割します。場合によっては、実線または破線で、色が白または黄色の場合があります。さまざまな中心線の意味など、道路のさまざまなルールについてすべてのドライバーが知っておくことが重要です。それらの詳細については、以下のすべてをお読みください。 

センターとそのさまざまなタイプ

ラインセンターラインの主な目的は、道路が双方向車線であることをドライバーに伝えることです。トラフィックの流れを分離し、一方から他方への移動を容易にするためにあります。異なる種類の中心線が一緒に使用される場合があるので、それぞれを区別する方法を知っていることが重要です。最も目立つものは次の3つです。

  • 白い破線

白い破線は、よく見られる中心線の最も一般的なデザインです。幅6メートル未満の1車線の道路に描かれています。この線を見ると、車両を追い越すことができますが、それでもその地域の規制には注意が必要です。

  • 白い実線

もう1つの典型的な中心線は、白い実線のバリエーションです。片側6メートル以上の幅の道路に描かれています。このマーキングは、他の車線を横断できないことを示しています。

  • 黄色/オレンジ色の実線

黄色またはオレンジ色の実線は、道路でよく見られます。白い実線の目的と同様に、追い越しは禁止されているが、より明確な方法でドライバーに伝えます。

センターライン詳細

のセンターラインは、ある車線から別の車線に移動してはならないことを示すためにあります。覚えておくべきもう1つの重要なことは、交通量と時間帯に応じて、道路のさまざまな部分で位置を変更できることです。シナリオの例は、多くの車が路上で混雑しているラッシュアワーの時間帯です。

標示に注意するためのさまざまな縦方向の標示

道路は、小道や縁石に見られる線、パターン、または単語として説明されています。これらは、路上での車の動きをガイド、通知、警告、および制御することを目的としています。中心線は、車道でのドライバーの適切な位置を示す一種の縦方向のマーキングです。これは、交通流を分離するための車道表面の同じ方向の交通に沿って配置されます。中心線とは別に、次のような他のタイプの縦方向のマーキングがあります。

  • 車線線

車線線は、ドライバーが直進し、不必要に抑制しないように誘導します。これは、ドライバーが特に交差点でどちらの方向に進むべきかを知るのに役立ちます。道路の安全性を高め、通常は幅100mmの単一の破線として表示されます。

  • 通過ゾーン

なし通過ゾーンは、山頂曲線、水平曲線、および2車線または3車線の高速道路によく見られます。道路の中央部に沿った黄色の実線です。また、これは二重の黄色い線のように見えることがあります。このような場合、反対側のトラフィックはそのエリアを通過するように制限されます。

  • 警告線

道路に障害が発生する可能性があることをドライバーに警告するために、警告線が引かれています。これは、長さ6メートル、ギャップ3メートルの破線である水平曲線と垂直曲線にマークされています。通常、道路には少なくとも7つの警告線セグメントがあります。

  • エッジライン

エッジラインは、多くの場合、道路のどの部分がまだ安全に運転できるかをドライバーに知らせるための縁石のない田舎道の側面にあります。黄色または白の舗装の端に少なくとも150mmあります。色。それらは通常光を反射し、昼と夜の両方で見えるようにします。

道路の目:日本のさまざまな道路標識さまざまな道路標識を

学ぶことは、すべてのドライバーにとって重要です。運転が上手になるためには、注意が必要な道路標識を確認する必要があります。これらはあなたを導き、交通事故の発生率を減らすために作られています。最も 一般的な道路標識は次のとおりです

  • 出口)

。立ち入り禁止(一方通行の立ち入り禁止の標識は、中央に白い水平線が付いた赤い円で、車両がそのエリアを通過できないことを意味します。

  • 指定された方向のみが許可され

ます白い矢印が上に移動する青い標識は、標識に記載されている特定の方向にのみ進むことができることを意味します。

  • 駐車禁止または禁止駐車禁止または禁止の

停車停車標識かどうかを確認するには、背景が青色で赤い斜めの線が付いた赤い円のデザインかどうかを確認します。危険な状況になる可能性があるため、これらのエリアに車両を置いたままにすることはできませんので、このことに注意することが重要です。

  • 自動車への道クローズとクローズ

あなたが白の背景と真ん中に2つの交差斜線赤い丸印が表示されたら、この道が閉じていることを意味し、車やオートバイは入ることは許されていません。ただし、車両の通行が禁止されている場合でも、歩行者は通り過ぎることができます。

  • 最高速度

最高速度の標識は、背景が白の赤い丸印です。許可されている最大速度を示すために、中央に特定の青色の数字が配置されています。上記のkm / hr速度より速く運転しないことが重要です。

  • 踏切先

黄色のひし形の看板に電車の絵が描かれているのは、踏切が先にあることを意味します。この標識と一緒に信号が見える場合があります。車の速度を上げる前に、そのエリアを安全に横断できるかどうかを確認してください。

  • ドライブスロー

ドライブスローサインは、赤い境界線と白い背景に配置された青い色の「スローダウン」という言葉が付いた逆三角形です。これらは通常、学校など、多くの人が頻繁に訪れる場所にあります。

安全運転:覚えておくべき交通規則

さまざまな中心線や道路標識について学ぶ以外に、交通規則を知ることも重要です。これはあなたとあなたの家族の両方の安全のための予防措置です。さらに、これは交通事故の発生率を減らします。ここに心に留めておくべき以下のルールは以下のとおりです。

  • に滞在するための正しい位置を知っています

歩行者は右側にありながら、道路の左側にある必要があり、そのような車や自転車などの車両。

  • 歩行者を通過

させるすべてのドライバーは、通過する歩行者に常に屈服する必要があることを覚えておくことが重要です。先に進む前に、まず道路を横断させてください。

  • 飲酒運転の回避飲酒運転

は交通事故の主な原因の1つです。飲酒運転をしている場合は運転を控えてください。指定されたドライバーを呼ぶか、安全な場所にとどまり、落ち着くのを待ってからハンドルを握ることができます。

  • 指定された乗客数または荷物を追跡する

許可された乗客数または車両の荷物を超えることはできません。これは、重い荷物を運ぶ大型トラックにも当てはまります。指示以上に輸送すると、事故が発生する可能性が高いためです。

  • 気を散らさないでください離さず

すべてのドライバーは、道路に目を、電話に気を取られないようにする必要があります。ナビゲーションデバイスを使用している場合は、ゆっくりと運転し、事故を避けるために注意してください。

  • 常にシートベルトを着用

するシートベルトは、運転手であろうと助手席であろうと、車内に入るときに最初に着用する必要があるものです。予期せぬ事態が発生した場合の怪我のリスクを軽減するための重要な予防措置です。

  • チャイルドシート

を用意する家族と一緒に運転していて、6歳未満の乳幼児がいる場合は、チャイルドシートを用意する必要があります。チャイルドシートにはさまざまなバリエーションがあり、お子様の年齢やサイズによって異なります。それは彼らのための追加の保護層であり、旅行中に彼らが快適に座ることを可能にします。

  • 指示された制限速度に従ってください

許可されている最高速度制限について言及している道路標識がたくさんあるので、それらに注意してください。エリア内に標識がない場合、一般的な制限速度は通常の道路では時速60 km、高速道路では時速100kmです。 

カーマメ:私たちについて

あなたの車の世話をし、ここカーマメでより良いドライバーになる方法についてもっと学びましょう。初心者からプロのドライバーまで、たくさんのコツがあります。詳細については、当社のWebサイトを参照してください。

By admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です