な原因ここCar Mameで交通事故の主な原因について学ぶときは、道路上で安全を確保してください。交通事故の主な原因は次のとおりです。

番号1-アルコールおよび/または薬物:21歳未満のドライバーが関与するすべての致命的な事故の3分の2以上が、システム内に検出可能な量のアルコールを含んでいます。彼らが飲んでいたかどうか、またはどれだけ飲んだかは関係ありません。アルコールと薬物の影響は、視力、判断力、協調性、反応時間に影響を与えます。これらの障害は、ドライバーの中毒のレベルに関係なく存在します。実際、血中の少量のアルコールでも、1〜2杯飲んだだけで安全に運転する能力が著しく損なわれる可能性があります。

薬物はまた、安全に運転する人の能力を損ないます。私たちの道路を走る500万人以上のドライバーは、システム内に検出可能な量のマリファナを持っています。いくつかの研究は、運転から2時間以内にマリファナを使用するすべてのドライバーの半数以上がその期間中に事故に巻き込まれることを示しています。 (出典:AAA交通安全財団)

第2号-脇見運転:国道交通安全局によると、すべての自動車事故のほぼ4分の3は人為的ミスが原因です。そして、それらのヒューマンエラーの中で…大部分はドライバーの注意散漫によるものです。脇見運転は多くの事故の主な要因です。

1.降伏の失敗

2.スピード違反

3.飲酒運転

4.脇見運転

5.疲労

6.不注意

7.不適切に配置された交通標識と停止ここで、これらのそれぞれを詳細に見てみましょう。事故の最も一般的な原因は、道の権利がある交通に屈服しないことです。これは、歩行者と他の運転者の両方に当てはまります。他のドライバーが注意を払わずに赤信号または一時停止の標識を走らせた事故にあった場合、これが調査の「災害レビュー」の部分で最初に出てくるものかもしれません。捜査官に明確な説明を与えることができるように、イベントに関する詳細情報を十分に準備してください。覚えておいてください:最初の数分はどんな調査でも最も重要です!そして、最初の2分間は、ほとんどの場合、関係する車両のドライバーと話しているときです。 #2-スピード違反スピード違反は事故のトップ原因のリストの2番目です。スピード違反の運転手は起こるのを待っている事故です。誰も高速で運転することを選択しません。

By admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です